こだわり

MADE IN JAPANへの疑問

現在MADE IN JAPANと表記されているほとんどの靴は最終工程の底付け、仕上げのみを日本で行うシステムです。
それ以外の工程は全て海外で行われているにもかかわらず、MADE IN JAPANを表記しているのです。
私たちはその点に疑問を感じていました。

そこで私たちは、全工程を日本で行った『本当のMADE IN JAPANの靴』をお客様にご提供させていただくことにしました。
原材料の生産から靴の製造工程まで全てMADE IN JAPANにこだわると確かにコストが莫大になり、1足10万円以上になってしまいます。そこで私たちは今までの流通システムに着眼し、新しいシステムを構築することで、 高品質の靴を少しでも安くご提供できるものと確信しております。

こだわり

当社は、創業以来メイドインジャパンにこだわりを持っています。デザイン性が良く履き心地の良い靴は熟練した技術が必要であると共に、製造工程が多いため、どうしても高価となってしまいます。 そこで、「多くの人に感動してもらえる靴を造りたい」「履き心地の良い靴をご提供したい」という想いから、当社は流通コスト“ゼロ”の製造直販を始めました。作り手の顔の見える製品で、既成の大量販売品とは違うクオリティをお届けします。
この機会にぜひお試しください。

株式会社大和 代表取締役 早川 貴寛

職人の顔が見える、MADE IN JAPANの紳士靴。|ありそうでなかった靴への名前付け。 メールでのお問い合わせはこちら